自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険は強制保険とも言われ、道路を走行する車両には法律で加入が義務付けられています。未加入でも許されるのは、工場やゴルフ場等の構内だけで使用する場合、自衛隊車両、農耕用車両等に限られます。

 

また保険金の支払い対象となるのは相手に怪我をさせたり死亡させたりした場合に限られ、運転者本人や自動車の所有者が被害者となった場合には保険金は支払われません。自分の車両や相手の車両といった物損は対象にはなりません。保険料はどこの保険会社で加入しても同じ保険料で、事故を起こしたとしても次回の契約で保険料が上がるといったことはありません。

 

これに対して任意保険はその名のとおり加入は任意のため、仮に加入していなくても罰則はありません。また任意保険にはいくつかの種目があり、それぞれの種目によって支払われる内容が変わりますが、広い範囲をカバーします。対人事故以外にも運転者本人や自動車の所有者が被害者となった場合でも支払われるものがあります。自分の車両や相手の車両に対しても車両保険や対物保険で支払い可能です。

 

保険料は保険会社によって違いがあり、事故で保険を使った場合は、種目にもよりますが、原則として次回の契約では保険料が上がります。

 

 
ガリバー 査定
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check